サイエンスZERO 「太陽の未来!?宇宙の宝石 惑星状星雲」

商品詳細

太陽くらいの星が最期に見せる姿が惑星状星雲。どんなメカニズムで星はこの美しい姿に変貌を遂げるのか、超新星爆発との分かれ目はどこにあるのか、徹底的に解説する。

サイエンスZERO 「太陽の未来!?宇宙の宝石 惑星状星雲」

※この番組は字幕表示があります

出演 : 山村一誠竹内薫南沢奈央
語り(語り手) : 筒井亮太郎

ハッブル宇宙望遠鏡が撮影してきた数々の天体の中で、最も美しいとされるのが「バタフライ星雲」「らせん星雲」などの「惑星状星雲」。実は太陽くらいの恒星が最期に見せる姿だ。太陽は数十億年後、いまの200倍くらいの大きさに膨らんだあと、急激に縮小し今の100分の1程度の大きさになるとされる。このダイナミックな変化を経て、この美しい星雲が現れるという。どのようなメカニズムで形成されるのか、徹底的に解説する。

2015年放送
(C)NHK

サイエンスZERO 「太陽の未来!?宇宙の宝石 惑星状星雲」 写真

本編:30分

ホーム > サイエンスZERO