サイエンスZERO 「シリーズ原発事故(16)最新報告 汚染水との戦い」

商品詳細

福島第一原発では建屋に流入した地下水が大量の汚染水となる。対策のための凍土壁。効果はあるが、期待には届いていない。既存の装置で除去できないトリチウムも課題だ。

サイエンスZERO 「シリーズ原発事故(16)最新報告 汚染水との戦い」

※この番組は字幕表示があります

出演 : 伊藤譲田内広竹内薫南沢奈央
語り(語り手) : 稲垣秀人

事故から丸6年たった福島第一原発では汚染水対策が正念場を迎えている。敷地内の巨大タンクにたまった量は100万t。建屋に流れ込む地下水が地下部にたまった汚染水と混じり、膨大な量になっているのだ。地下水流入を止める切り札が凍土壁。ほぼ凍結が完了し、一定の効果が見られるものの、期待には届いていない。さらに既存の浄化装置では除去しきれない放射性物質・トリチウムの対策も課題だ。汚染水対策の現状と課題に迫る。

2017年放送
(C)NHK

この番組についてのご注意

この番組は、高画質のHD版の視聴が可能です(PCのみ)。コントローラーの画質選択ボタンで「HD」を選択して、全画面表示でご覧ください。(通信環境などにより、HDでご覧いただけない場合もあります。)

サイエンスZERO 「シリーズ原発事故(16)最新報告 汚染水との戦い」 写真

本編:30分

ホーム > サイエンスZERO