チャプターを表示する

    • 前回
    • 本編:24分

      HD

    • 次回

    この番組についてのご注意

    ▼許諾が得られなかったため、一部映像を編集して配信します。▼この番組は、高画質のHD版の視聴が可能です(PCのみ)。コントローラーの画質選択ボタンで「HD」を選択して、全画面表示でご覧ください。(通信環境などにより、HDでご覧いただけない場合もあります。)

    さかのぼり日本史 昭和 とめられなかった戦争 第2回 日米開戦 決断と記憶

    さかのぼり日本史 昭和 とめられなかった戦争 第2回 日米開戦 決断と記憶

    1941年、なぜ日本は10倍もの国力差があるアメリカとの開戦を決めたのでしょうか。歴史学者・加藤陽子氏は、天皇・軍部・政府指導者に共通する日露戦争の記憶に注目します。開戦の最大の推進力である陸・海軍の中堅将校たちには、日露戦争勝利という成功体験がありました。当時の日露の国力差は約10倍。同じ程度のアメリカとなら、短期決戦で勝てると判断しました。第2回は、日米開戦に踏み切った経緯をたどります。

    キャスター
    石澤典夫
    出演
    加藤陽子
    テーマ音楽
    横山克

    (C)NHK

    • 関連番組
    • お気に入りに登録した番組
    • (0本)

    ホーム > さかのぼり日本史