100分de名著 ファーブル 昆虫記 第2回 昆虫観察を天職と知る

商品詳細

第2回では、ファーブルが昆虫学者となるまでを見つめる。一家離散、極貧の中、苦学して教師になった彼の人生を変えた論文とは? 昆虫の驚くべき神秘が明らかに。

100分de名著 ファーブル 昆虫記 第2回 昆虫観察を天職と知る

ゲスト : 奥本大三郎
司会 : 伊集院光武内陶子
語り(語り手) : 斎藤英津子
声の出演 : 池水通洋

ファーブルが9歳の時、一家は離散。彼は苦学しながら師範学校を出て教師となる。だが当時昆虫は趣味に過ぎなかった。人生が変わったのは31歳の時。虫を食料とする狩り蜂の論文を読んだのがきっかけだった。そこには狩り蜂が捉えた虫はいつまでも腐らないと書かれていた。驚いたファーブルは自分でも観察を行い、驚がくの事実をつきとめた。第2回では、ファーブルが昆虫学者となるまでを見つめる。

2014年放送
(C)NHK

100分de名著 ファーブル 昆虫記 第2回 昆虫観察を天職と知る 写真

本編:24分

ホーム > 100分de名著