NHKスペシャル シリーズ 廃炉への道 第2回 誰が作業を担うのか

商品詳細

40年かかるという福島第一原発の廃炉計画。成否の鍵を握るのが長期間にわたる原発作業員の確保だ。被ばくを余儀なくされる現場では既に作業員の不足が危ぶまれている。

NHKスペシャル シリーズ 廃炉への道 第2回 誰が作業を担うのか

40年かかるという福島第一原発の廃炉計画。長い戦いの成否は原発作業員に委ねられている。しかし開始から3年目、すでに現場では作業員の不足が危ぶまれている。被ばくで離脱を余儀なくされる熟練作業員。待遇が見合わず原発を去る若者。NHKが独自に長期シミュレーションを行ったところ、溶けた核燃料の取り出しが本格化するころには、作業員が急激に減るという結果が出た。作業員の確保という視点から廃炉現場の実態を描く。

2014年放送
(C)NHK

この番組についてのご注意

放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を編集してお伝えします。

NHKスペシャル シリーズ 廃炉への道 第2回 誰が作業を担うのか 写真

本編:49分

ホーム > 地震・災害 災害から何を学ぶか