NHKスペシャル 「見えず 聞こえずとも~夫婦ふたりの里山暮らし~」

商品詳細

京都の山里に暮らす60代の夫婦。妻は目が見えず、耳も聞こえない。ふたりは互いの手を握り、その動きを読み取り心を通わせる。大自然に抱かれた二人の日々を見つめる。

NHKスペシャル 「見えず 聞こえずとも~夫婦ふたりの里山暮らし~」

語り(語り手) : 樹木希林

京都・丹後半島の山あいにある小さな集落に梅木好彦さん(68)と妻の久代さん(65)は暮らしている。久代さんは、目が見えず、耳も聞こえない。ふたりは互いの手を握り、その動きから手話を読み取る“触手話”により心を通わせ合っている。二人が結婚したのは、共に50代の時。厳しくも豊かな自然に抱かれた暮らしの中には、小さな幸せが満ちあふれている。人間にとっての幸せとは何なのか?ふたりの暮らしを通して見つめる。

2015年放送
(C)NHK

NHKスペシャル 「見えず 聞こえずとも~夫婦ふたりの里山暮らし~」 写真

本編:49分

ホーム > Nスペ 社会