NHKスペシャル 「樺太地上戦 終戦後7日間の悲劇」

商品詳細

昭和20年、北海道の北に広がる樺太では終戦後も住民を巻き込んだ地上戦が続き、数千人の民間人が命を落とした。なぜ戦闘は終わらなかったのか、7日間の悲劇に迫る。

NHKスペシャル 「樺太地上戦 終戦後7日間の悲劇」

※この番組は字幕表示があります

語り(語り手) : 広瀬修子

北海道の北に広がるサハリン。かつて「樺太」と呼ばれ、40万人の日本人が暮らしていた。昭和20年8月、終戦後にもかかわらず、住民を巻き込んだ地上戦が1週間にわたって続き、5000人とも6000人とも言われる人たちが命を落とした。なぜ終戦後も戦闘は終わらず住民の被害が拡大したのか。長年沈黙を守ってきた元住民たちの証言、そして国内外で発掘した資料から、樺太の悲劇に迫る。

2017年放送
(C)NHK

この番組についてのご注意

この番組は、高画質のHD版の視聴が可能です(PCのみ)。コントローラーの画質選択ボタンで「HD」を選択して、全画面表示でご覧ください。(通信環境などにより、HDでご覧いただけない場合もあります。)

NHKスペシャル 「樺太地上戦 終戦後7日間の悲劇」 写真

本編:43分

ホーム > Nスペ 社会