NHKスペシャル 「総書記 遺された声~日中国交 45年目の秘史~」

商品詳細

作家山崎豊子の自宅から1980年代に中国共産党トップ・総書記を務めた胡耀邦の肉声が記録されたテープが見つかった。国交正常化45年。日中外交スクープドキュメント。

NHKスペシャル 「総書記 遺された声~日中国交 45年目の秘史~」

※この番組は字幕表示があります

語り(語り手) : 加賀美幸子

作家山崎豊子の自宅から1980年代に中国共産党トップ・総書記を務めた胡耀邦の4時間を超える肉声が記録されたテープが発見された。胡耀邦が語っていたのは日中関係について。共産党トップとは思えない率直さで、歴史認識問題などについての自らの考えを述べていた。遺(のこ)された総書記の肉声と、今回独自に入手した外交資料をもとに、日中関係の知られざる歩みを見つめるスクープドキュメント。

2017年放送
(C)NHK

この番組についてのご注意

この番組は、高画質のHD版の視聴が可能です(PCのみ)。コントローラーの画質選択ボタンで「HD」を選択して、全画面表示でご覧ください。(通信環境などにより、HDでご覧いただけない場合もあります。)

NHKスペシャル 「総書記 遺された声~日中国交 45年目の秘史~」 写真

本編:49分

ホーム > Nスペ 社会