本編:34分

    字幕

    HD

    目撃!にっぽん 「初めて語る“あの日”~大槌町職員と遺族の震災8年半~」

    目撃!にっぽん 「初めて語る“あの日”~大槌町職員と遺族の震災8年半~」

    岩手県大槌町は、東日本大震災で中心市街地が津波に飲み込まれ、町長を含む28人の町職員が役場庁舎で亡くなった。そこで職員一人一人がどう行動したかは明らかにされず、生き残った職員も多くを語れなかった。この夏、町は震災記録誌を公表。その最終章は「旧庁舎で何があったか」。25人の職員が実名で証言した。初めてあの時の事実を語る職員の葛藤と願い。それを複雑な思いで受け止める遺族たち。震災8年半の町を見つめる。

    語り 大竹しのぶ

    2019年放送
    (C)NHK

    • 関連番組

    ホーム > 目撃!にっぽん