本編:34分

    字幕

    HD

    目撃!にっぽん 「原発7キロ “復興の町”」

    目撃!にっぽん 「原発7キロ “復興の町”」

    東京電力福島第一原発がある大熊町。原発事故から8年半、今も町の大部分で放射線量が高く、立ち入りが制限されている。その町外れに2019年4月、新しい役場と50戸の住宅が作られ、約70人が移り住んできた。無人の町に囲まれ、周りにスーパーも病院もない“陸の孤島”。なぜここで暮らすことを選んだのか。そして、どんな思いを胸に生きていこうとしているのか。“復興のシンボル”とされる町の誕生から半年間を見つめた。

    語り キムラ緑子

    2019年放送
    (C)NHK

    • 関連番組

    ホーム > 目撃!にっぽん