ドキュメント72時間 「秋田・真冬の自販機の前で」

商品詳細

毎回一つの場所にカメラを据えるドキュメント72時間。秋田港の片隅にあるそば・うどん自販機が舞台。寒風吹きすさむ中、はるばるうどんを食べに来る人々とは?

ドキュメント72時間 「秋田・真冬の自販機の前で」

語り(語り手) : 鈴木杏

突風が吹き荒れる1月の秋田港。その片隅に、古びた1台の自販機がある。お金を入れて待つこと25秒、出てくるのは熱々のそば、うどんだ。設置は40年前。元祖ファストフードとして大人気だったが、最近は老朽化で機械が故障し味は薄めに。しかし、そのぬくもりを求めて24時間客が絶えない。吹雪の中で麺をすする謎の親子。深夜に星空を見上げる運転代行業の男性。極寒の中で食べるうどんから、数々の人生が浮かび上がる。

2015年放送
(C)NHK

この番組についてのご注意

2015年3月に放送した番組のアンコール。

ドキュメント72時間 「秋田・真冬の自販機の前で」 写真

本編:25分

ホーム > ドキュメント72時間