チャプターを表示する

    • 前回
    • 本編:43分

      字幕

      HD

    • 次回

    大岡越前5 (6)「命を賭けた恩返し」

    大岡越前5 (6)「命を賭けた恩返し」

    北町奉行所の同心・鴨田(山口馬木也)が、商人・又三殺しの疑いで捕まる。怒った北町奉行の伊生(高橋光臣)は即座に鴨田を罷免するが、忠相(東山紀之)は悪びれる様子もなく罪を認める鴨田の態度に違和感を覚える。一方、殺された又三には、行方をくらましている根付師の梅次(内野謙太)との間にいさかいがあったことが分かる。梅次は又三を実の親だと思っていたらしい。やがて梅次が、自分が又三を殺したと自訴して出てくる。

    (C)NHK/(株)C.A.L

    • 関連番組
    • お気に入りに登録した番組
    • (0本)

    ホーム > 大岡越前